採用戦略を考える ②人を受け入れる体制作り

採用するにあたって、

給与決めて、
社会保険もあるし、

あとは採用活動するだけ、ではうまくいきません。

若い人材が、どういう所に魅力を感じるのか?
を考えた給与や福利厚生の仕組みを作る必要があります。

私が企業様とイベント(合同説明会)を一緒に取り組んで、
求職者から感じ取った事を書いていきます。

 

★残業について

残業については、極端に多くなければ気にしない傾向があるかと思います。
問題は、
残業代が基本給に含まれているか?別途しっかりと支給されるか?
(みなし残業)
ここは若い求職者は気にします。

みなし残業制度を適用している企業様はたくさんありますが、当然だと思います。
時間きっちりで仕事をする、なんて現実的ではありません。

求職者もそれは理解しています。

20時間程度のみなし残業であれば、個人的には問題ないと思いますし、
求職者にもしっかりと説明すれば、気にしません。

ただ、みなし残業制度をごまかそうとしたり、
内定を出してから、後付けで説明したりすると求職者の不信感になります。

募集要項を説明する時に、
「みなし残業制度」を適用する理由を説明すればいいのです。

・・・隠さない事。

そして、基本給と別にしっかりと記載する事。

基本給 230,000円(固定残業代 20時間 28,475円込)

よりも

基本給 200,000円
固定残業代 28,248円(20時間)別途支給
計 228,248円

 

の方が求職者には説明しやすですし、印象がいいです。

そして、しっかりと求職者に説明する事!
例えば、
「仕事が切りよく定時で終わる事は難しいし、極端に時間を気にした仕事の仕方はしてほしくない。アルバイトでないので、時間で仕事をするのではなく、責任で仕事してほしい。
その為に目安として1日1時間程度の誤差としての「みなし残業」をつけています。
絶対に20時間働かなくてはいけないもではないし、20時間を超えた分は残業代を別途支給しています。」

ほとんどの求職者は、この説明で好印象を受けてくれます。

では40時間以上だったら、となりますが、これも会社の考えを伝えればクリアできるはずです。

残業代を払いたくないから、みなし残業を考えている企業様は・・・あきらめて下さい。

★次に住宅手当についてです。

これも制度としてしっかりとしていない企業様が多く見受けられますが、
気にしている求職者は多いです。

独立してしっかりと働きたいと考えている人材も多いので、会社としてフォローしてあげたいところです。

住宅手当はぜひ制度として取り組んで頂きたいと、企業様にはアドバイスさせて頂いております。

遠方から時間と交通費をかけて通勤するのなら、
会社の近くで時間と交通費をかけないで、体の負担をなくしてほしいです。

家賃が安いから遠方に住んでいる社員と、家賃が高くても近くに住んでいる方とのアンフェアも無くした方がいいと個人的には思います。

通勤費20,000円を負担するなら、住宅手当20,000円を負担しても変わらないと思います。
(社会保険負担が若干変わりますが、社員の満足を考えてはたいした事ない)

徒歩、自転車圏内の方には20,000円でも住宅手当を付けてあげればいいですし、通勤費20,000円を払ったと思えば同じです。

そして、地方の方を採用するのにも有利になります。

今は東京では採用が厳しくなってきている事もあり、私達は、お客様に地方採用の提案をしていますし、成果も出ています。


 

 

 

 

 

 

★研修について

これも、よく聞かれます。
若い人材は、当然、未経験の場合が多いですし、新卒は社会で働くのは初めてです。

自分が入社して、仕事が覚えられるのか?不安で当然だと思います。
「しっかりと先輩はOJTで教えるから大丈夫だよ」
なんて説明しても若い人材には響きません。

具体的な研修内容をスケジュールを説明すると安心します。

「具体的に」

が重要です。

もし、研修制度がない場合には、しっかりと研修制度を整えましょう。

 

・・・・・その他いろいろとあるのですが、
書ききれないのでまた別途書くようにします。

 

株式会社アフターファイブ
高井哲雄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です